トップページ | 京都の雀荘はレートをあるの? »

2013年5月27日 (月)

京都のフリー雀荘は評判は取ろう

第10ゲーム(座順は渋川です-木原>>-中林>-東の家からの金銭)を注視する。

それはまだ第2のより多くの物の上の決勝戦です。

それは、これが終了すれば残るは最終日のわずか5つのゲームになります。

もちろん、彼はここでトップをとりたいが、すべてのメンバー・牌譜以来、それが単に行かないと判明します、そのように。

私は、最優先事項として打つそれとしての中林の賛成論の上の到着の順序になり、進んで尊重しました。

しかしながら、そのような東1ゲーム親番および木原の賛成論のマンガンツモは爆発しました。また、私は親を霧で覆うことを行いました。

東2ゲーム。

東の家木原33000、南の家中林23000、西家金23000、北の家渋川21000

東2ゲームで、薄いマージンですが、それはまだラスの目です。

それが全くよく、私がラスの目かどうかであるので、列が変更されないように、それは打つでしょう。

以来--私が多少無理をしても、勝利れる手は和了りに行くに違いありません。

その後、9番目の巡および私は職業を始めました。

200,003,000,040,000,500,006,000,070,002は4を送ります、5を送る、2の索3索6索6を送る、索ツモ1索ドラ北、最小は最悪に入ります。また、それはピンフです、それは目ですが呼ぶこと

4索だけが[手変更]ラスの目であるので、共通の場合、それは範囲を備えた音速によってちょうど行くでしょう。

しかしながら、今回問題が少しあります。

全メンバーは遠方にここで投げて、雀荘を見ます必要があろう。




トップページ | 京都の雀荘はレートをあるの? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1914051/51794681

この記事へのトラックバック一覧です: 京都のフリー雀荘は評判は取ろう:

トップページ | 京都の雀荘はレートをあるの? »